自分の世界に入れるプール歩行がベストなトレーニング法になる理由!?

自分の世界に入れるプール歩行がベストなトレーニング法に

私がこれまでの経験の中で最も好んで取り組んでいる運動、それはプールでの水中歩行。

 

意外と地味に感じられるかも知れませんが、中々体力を消費し良い運動になると共に、ひたすらプールを歩いて往復するというマイペースで地道なルーチン作業が私に大変マッチしていたからに他なりません。

 

常に変化や刺激を求める人にとってはつまらなく、場合によってはすぐに飽きが来てしまうメニューかもしれません。

 

ですが極端な変化を嫌う私にとって、プール歩行位が丁度良いのです。

 

元々物覚えが悪い私は、ジム等での器具やマシンを使ったトレーニングがあまり得意ではありませんでした。

 

器具の使い方から適度な回数やセット数の暗記をしなければならず、また常に他人の目に晒され注目されている様に感じる程の自意識過剰な性格ですから、余計にこういったトレーニング法に苦手意識を持ってしまっていたのです。

 

ただプール歩行に関しては、ひたすら歩く事によりいつしか完全に自分の世界に入り込む事が出来、他人の目も気にならず集中して取り組む事が出来ます。

 

また単純な歩行の中にも腰を大きく捻ったりバックで歩いたりと動きにバリエーションを持たせる事も可能で、ほんの少し感じるマンネリ感さえ防いでくれるのです。

 

それでも、市営プールの最低料金である1時間をたっぷり使い歩き続ければ、プールから上がればすぐに汗だくになってしまう程の運動量となります。

 

実際お腹の贅肉対策にもなりましたし、決して馬鹿には出来ないメニューなのです。

 

嫌いな筋トレを継続するコツ

 

私は昔から筋トレが嫌いだったのですが、首回りの肩こりがひどかったので色々対策を探していた所、肩や腕の筋トレをすれば解消を見込めるという事で嫌いな筋トレと向き合う事にしたのです。

 

 

ただ、やはり嫌いなものは嫌いなのでこのまま初めてもすぐに挫折する事は目に見えていたので、色々と対策を練りたどり着いたのが「ながらダンベル」という方法論で、これならばいけそう!という事で実践しはじめたのです。

 

 

「ながらダンベル」というのは何かをしながら、ダンベルで筋トレをするというすごく簡単なやり方で自分の場合は「テレビ」と「ラジオ」を見聞きしながらやっているのですが、これがすごく効果的で、筋トレが「嫌い」「辛い」という部分から意識を反らしつつ日常に組み込む事で意志の力をあまり使う事なく継続できるというもの。

 

また、ダンベルであれば近くに置いておくだけでやりたい時にすぐに実行できるというメリットもあるので、取り組むハードルが下がり、継続ができるようになりました。

 

ご参考になればと思います。

 

 

単純な運動が嫌いなのだが運動は好きという事なのです!?

単純な運動が嫌いなのだが運動は好きという

私は小さい頃から歩くのが嫌でいつも親におんぶやだっこをせがんでいたそうです。

 
今もその気持ちは変わらず、歩いてもすぐ疲れてしまうので極力歩きたくないですし、陸上競技はできるのであれば避けたいです。

 

なので学生時代の運動会やマラソン大会といった競技は来るたびにため息ばかりついていたのを覚えています。

 

そんな私ですが運動が嫌いではないのです。

 

矛盾しているじゃないかと言われてもしょうがないと思います。

 

私は走る・飛ぶ・歩くといった単純な運動が嫌いなのですが、それに何かプラスアルファ加われば途端に大好きになってしまいます。

 

水泳も大好きですし、球技であれば何でもやりたいくらいです。

 

中学高校大学とバスケをしていたのでバスケは特に好きなのですが、ボールを追いかけているときの「走る」という行為は何にも代えがたい高揚を感じてしまいます。

 

おそらく飽き性で単純作業が向いていないのではないかと自分の中では推測しているのですが、運動以外でちまちまとやる単純作業は大好きな私。

 

まったく矛盾してばかりいる私の身体なのです。

 

膝の手術をしたので筋トレを開始

 

少し前に私は膝の手術をしました。元プロ野球選手の松井秀喜選手と同じタナ障害です。

 

そのため、今後滞りなくスポーツをするためには、膝周りの筋肉を鍛える必要があると医者から言われ、それまであまりしてこなかった筋トレを継続的にやるようになりました。

 

膝のお皿が激しく動く事を防ぐために、モモの筋肉を重点的に強化した方が良いとのことで、早速ネットショップで10kg×10kgのダンベルを購入し、スクワットを始めました。

 

最初は、20回もやると筋肉痛になっていたのですが、1週間、2週間と続けていくうちに、筋肉痛にはならなくなり、スムーズにこなせるようになりました。

 

そして、そこから30回、40回と増えていったのですが、当然のことではありますが、やはり鍛えれば鍛えるだけ筋肉は付いていくんですね。

 

特に、これまでろくに筋トレをやっていなかった分、その効果は如実に分かり、以前と同じ強度の回数をこなしても筋肉痛にならなくなることは嬉しかったです。

 

 

 

寒くて身体が動かない時に便利なトレーニング施設が良いです!

寒くて身体が動かない時に便利なトレーニング施設

次第に寒さが増してくる晩秋から冬にかけてのシーズン、どうしても運動量も落ちてくるものですよね。

 
朝起きるのが辛くなってくるとロードワークに出るのも何だか億劫に感じられますし、身体を温めようと帰宅後より多くお酒を飲む様になれば、いつしか気持ち良くなってしまい就寝前のトレーニングも面倒臭くなりついついサボってしまうパターンが出てくるもの。

 

とは言え本当に身体が動かなくなってくるのですからある意味防ぎきれない部分もあるのです。

 

私も40近くなって若い頃にあった寒さへの耐性が減ったなー、とつくづく思います。

 

前にも書きましたが、とにかく朝起きるのが辛く、それまで週に4日は欠かさず行っていた早朝ジョギングのペースも半分以下に減ってしまい、そのフォローが結構大変なのです。

 

ただ現在は少しお金を出しさえすれば、温かい環境の元存分に汗をかけるフィットネスジムや市営の屋内温水プールを利用出来ますから、非常に助かっている事も事実です。

 

特に温水プールは自分のペースでじっくりと歩行したり泳いだり出来ますから安心。民間経営のジムと比べ料金が大変リーズナブルなのも利点ですよね。

 

1人で出来る個人参加フットサル

 

私は現在、週に1回フットサルをやっています。

 

仕事がパソコンの前にずっと座ってする作業なので、唯一のストレス解消であり、運動です。

 

 

フットサルと言うと、人数を最低自分のチームで5人集め、対戦相手を探し、コートを予約して、いつどれだけやるか決めて…など、面倒な準備が必要かと思われるかも知れませんが、個人フットサルと言う実に便利なシステムが、どこのフットサル場にもあるんです。

 

 

これは、例えるなら雀荘での1人参加と同じで、その時集まった見ず知らずの人たちと、チーム分けをして、2時間ほどゲームをして楽しむとの物です。

 

仕切りは全部フットサル場のスタッフがしてくれるので、自分でやることは、フットサル場に電話かネットで予約をし、その時間に体1つで行くだけです。

 

 

年齢が高くなってくると、友人は結婚し、家庭を持ってしまい、10人15人と集めるのは大変になってしまいますよね。そんなときにこのシステムが活躍してくれるんです。

 

 

フットサル場によっては、ビギナークラスなどと記載していることもあり、初心者さんでも安心して参加出来るシステムが確立されているのでお勧めです。

 

 

 

私のお勧めスロトレを紹介します!

私のお勧めスロトレ

私のお勧めの筋トレはスロトレです。

 

その名の通りスロートレーニング=ゆっくり筋トレをするということです。石井直方教授が提唱している筋トレ法で、すごく効果があります。

 

スロトレ自体は難しいものではありません。

 

ゆっくりと筋トレをすればいいだけの話なのですから。

 

ただ、ちゃんとしたフォームでやらなければなりません。

 

ちゃんとしたフォームで、ゆっくりと筋トレをする、これが意外としんどいのです。

 

あんまり運動していない方なら、10回やるのもしんどいと思います。私も始めはしんどかったです。

 

しかし、体に効いているのがよく分かります。

 

そして、毎日やらなくてもいいのです。

 

筋トレをすると筋肉が傷つきます。

 

傷ついた筋肉の修復に丸一日かかるので、一日置きくらいにスロトレをするのがベストなようです。

 

そのため、スロトレはとても続けやすいと思います。

 

さらにスロトレをした一時間後に運動をすると、とても効果的です。脂肪が燃焼されやすくなるようです。

 

私はこの方法でずっと運動を続けています。

 

確かに普通に運動するよりもダイエット効果がありました。

 

筋肉痛になったら温めればいいんです

 

筋肉痛になったとき私はちょっとだけ嬉しくなります。

 

痛いことが嬉しいのではありません。

 

私はほぼ毎日身体を鍛えているので滅多なことでは筋肉痛になどならないのです。

 

それで筋肉痛になると「前日、運動を筋肉痛になるまで頑張ったのか~」と嬉しく感じるのです。

 

 

私はフィットネスクラブで行う運動なら水泳以外なんでもやっています。

 

スタジオで行う運動はストレッチもヨガもダンスも何でもやります。

 

格闘技系のプログラムにもどんどん参加しますし、ジムエリアに行って筋肉を鍛えることもしています。

 

 

このように何でも挑戦して10年以上の年月が経っているので滅多なことでは筋肉痛にならないんです。

 

それでも、張り切りすぎて筋肉痛になったら筋肉が痛まないように入浴して身体をしっかり温めています。

 

時にはサウナに入り身体の芯から温めて筋肉の疲れを汗と一緒に出しています。

 

不思議としっかり入浴したり、サウナに入ったりするだけで筋肉痛はなくなります。

 

 

トレーニングバランスは本当に良いのか!?

トレーニングバランス

トレーニングといっても目的によってやり方も種類も違ってくるので意外にどんなメニューがいいかというのは自分ではわかりにくいですね。

 

カロリー消費をして減量するなら有酸素運動のトレーニングがいいのでエアロバイクやスイミング、ウォーキング、ジョギングなどゆったりめである程度時間をかけたトレーニングが有効だし、筋力をつけるのならマシンジムで適度な負荷をかけて回数をこなすトレーニングがいいのは少し勉強すればだいたいはわかってきます。

 

だけど、どれだけ自分の体調や能力、状態を把握して効率的な種類と分量を見極めるというのは意外と難しく、他の人からのアドバイスを参考にするのもいいかもしれません。

 

自分だと独りよがりになって客観的に見れなくなって効率的なトレーニングになっていないこともある可能性もあります。

 

どういったトレーニングメニューがいいかバランスをよく考えて設定ができれば、効率よくトレーニングができて理想に近づけるのではないでしょうか。

 

ランニング前のストレッチを入念に行うことで効率的な運動を行える

 

ランニングは運動の代表格ですよね。

 
私もよくやってます。

 

最近は室内トレーニングがメインになりつつありますが、ランニングほど全身をまんべんなく引き締められる運動もないので、何日かおきに続けてますね。

 

みなさんはランニングの前にストレッチを行っていますか。

 

ストレッチはできる限り行っておいたほうがいいですよ。

 

その理由はもちろん怪我のリスクを減らすこと。

 

ランニングとはいえ足をくじいたり、肉離れを起こさないとは限らないですからね。

 

怪我をすれば必然的に運動習慣を中断せざるを得ず、結果的に損となります。

 

リスクヘッジとしてのストレッチは重要です。

 

また身体をほぐしておいたほうが長距離を走りやすくなります。

 

ランニングは凝り固まった状態だと疲れが溜まるのも早い感じがしますしね。

 

ストレッチをしっかり行っておくことで快適なランニングを行うことができます。

 

ランニングは手軽なので、ついつい何もせずそのまま走り始めてしまいがちですが、効率的に運動を行うためにもぜひストレッチを欠かさないようにしましょう。