トレーニングバランスは本当に良いのか!?

トレーニングバランス

トレーニングといっても目的によってやり方も種類も違ってくるので意外にどんなメニューがいいかというのは自分ではわかりにくいですね。

 

カロリー消費をして減量するなら有酸素運動のトレーニングがいいのでエアロバイクやスイミング、ウォーキング、ジョギングなどゆったりめである程度時間をかけたトレーニングが有効だし、筋力をつけるのならマシンジムで適度な負荷をかけて回数をこなすトレーニングがいいのは少し勉強すればだいたいはわかってきます。

 

だけど、どれだけ自分の体調や能力、状態を把握して効率的な種類と分量を見極めるというのは意外と難しく、他の人からのアドバイスを参考にするのもいいかもしれません。

 

自分だと独りよがりになって客観的に見れなくなって効率的なトレーニングになっていないこともある可能性もあります。

 

どういったトレーニングメニューがいいかバランスをよく考えて設定ができれば、効率よくトレーニングができて理想に近づけるのではないでしょうか。

 

ランニング前のストレッチを入念に行うことで効率的な運動を行える

 

ランニングは運動の代表格ですよね。

 
私もよくやってます。

 

最近は室内トレーニングがメインになりつつありますが、ランニングほど全身をまんべんなく引き締められる運動もないので、何日かおきに続けてますね。

 

みなさんはランニングの前にストレッチを行っていますか。

 

ストレッチはできる限り行っておいたほうがいいですよ。

 

その理由はもちろん怪我のリスクを減らすこと。

 

ランニングとはいえ足をくじいたり、肉離れを起こさないとは限らないですからね。

 

怪我をすれば必然的に運動習慣を中断せざるを得ず、結果的に損となります。

 

リスクヘッジとしてのストレッチは重要です。

 

また身体をほぐしておいたほうが長距離を走りやすくなります。

 

ランニングは凝り固まった状態だと疲れが溜まるのも早い感じがしますしね。

 

ストレッチをしっかり行っておくことで快適なランニングを行うことができます。

 

ランニングは手軽なので、ついつい何もせずそのまま走り始めてしまいがちですが、効率的に運動を行うためにもぜひストレッチを欠かさないようにしましょう。