ズボラな自分でもできた!お勧め筋トレ法とは!?

ズボラな自分でもできた!お勧め筋トレ法

食べ物がおいしい季節になってきましたね…。

 

日常生活に追われ、気づいたらお腹周りが…太ももが…こんなに柔らかくて太かったっけ?太くなってから気づくこと、ありませんか?自分はあります…。

 

そろそろ筋トレの季節。なぜならウォーキングするには寒いから!(笑)シェイプアップは室内でしたいものです。

 

でも仕事や家事があって気合を入れたくても続かない!そんな人に、モデルをしていた友人が教えてくれた簡単な筋トレ方法をこっそり教えたいと思います。

 

やりかたは簡単。

 

ベッドで寝そべってできるので寝る前やテレビをみながらゴロゴロしているときにできちゃいます。

 

腹筋とおしり、太もも、ふくらはぎの筋肉に効く筋トレですよ。

 

やりかたを説明しますね。まずは仰向けに横になります。

 

腰をつかうのでフローリングではなくカーペットやベットの上で寝てください。そして足を膝立します。

 

両手を組んで頭の後ろにまわし、まずは3~5回ほど腹筋運動をします。その後、膝立していた足をおしりに力を入れながらゆっくり上げてくの字にします。

 

そしてまたその体制のまま腹筋運動3~5回。これを2セットするだけ!これ、はじめは力の入れ方が難しくてプルプルしちゃうんですがコツをつかむと腹筋だけでない筋肉とのバランス良く引き締まります。

 

自分は思い出したときにテレビを見ながらやってます。ズボラな自分でもできたので、お勧めですよ!ぜひ、やってみてください。

 

ヨガは生活の一部です

 

好きな運動はヨガです。

 

ヨガを始めてからヨガがない生活は私には考えられません。「ヨガなんてインド人がやること」と昔はヨガに見向きもしなかったけれど、今では考え方ががらっと変わりヨガが大好きになったのです。

 

 

ヨガをしていると時々「ヨガって身体が柔らかい人がやる運動なんでしょ!?」と聞かれます。

 

「身体が硬い人はヨガなんてできない」と思い込んでいる人が多すぎるのです。この思い込みがあるからヨガをしてみようという気持ちになれないのでしょう。あまりにももったいないです。

 

 

というのも、ヨガという運動は身体が硬い人がやるべき運動だからです。ヨガは身体を柔らかくする運動です。

 

だから身体が硬い人がやるべきです。「身体が硬いから恥ずかしい」なんて言ってヨガを避けているのはおかしいです。

 

 

私はかなり身体が柔らかいのですが、ヨガのポーズをしていても筋肉にひびいてくることがないので物足りないです。身体が硬いときの方がやりがいがありました。