トレーニング後はバランスボールでストレッチするのがオススメ!

トレーニング後はバランスボールでストレッチするのがオススメ!

adf8189c0e6ff28aa7dcb27690bf1bba_s

自宅でのトレーニング、あまり部屋のスペースが取れず、主に複数のダンベルや強度の違うチューブをメインとしたメニューを数こなしている私ですが、回数がこなせる分逆に見えない疲労や筋肉痛が蓄積しがちという欠点も見逃せなくなってきました。
それらの疲労や筋肉痛は無視してトレーニングを続けているとやがて顕著に現れてくるもの。

 

腕や肩を伸ばす度に特定の筋に痛みが走り、これ以上続けるのは危険であるという事を知らせてくれるのです。

 

こんな時は素直にその先しばらくのトレーニングを休み、しっかりストレッチやマッサージでケアし安静にするのがベストなのですが、その間にせっかく鍛えた身体が鈍ってしまうのも事実です。

 

ベストなのはこういった事態になる直前でストップする加減を知ると共に、日々のアフターケアを充実させる事なのですが、私の場合、主に下半身に関して言えばトレーニング後のバランスボールによるストレッチである程度防ぐ事が出来ていると思っています。

 

トレーニングで凝り固まった足腰を柔軟な状態に戻すのに、バランスボールの存在は大変有難いもの。

 

この上に仰向け・うつ伏せ両方のパターンで腰を乗せ、脱力して前後左右に身体を揺り動かすだけで多くの疲労が取れ、心身共にリフレッシュされるのです。

 

足を鍛えるには登山が効く

65ddd66f0e6f6b05e292bd80b8628171_s

運動不足により足の筋肉が衰えている人も多いと思いますが、足の筋肉を鍛えるのはどうしてもきついものです。

 

私が今までよくおこなっていたスクワットなどはお金もかからずその場でできるのですが、筋トレ自体が楽しめなくとても単調です。

 

そんなときに友人から誘いがあり登山することになりましたが、その場所は比較的低い山で初めての人でも簡単な山でした。

 

しかし、頂上まで登りふもとに戻る頃には普段使わない筋肉部分が疲労しているのがわかりました。

 

翌日には適度な筋肉痛になり普段のスクワットでは鍛えきれない部分にとても効果的なのだと思いました。

 

それからは定期的に山に登るようになりました。

 

高い山などの難易度が高い山ではなく、日帰りで登れる山ばかりですが景色を楽しみながら足腰を鍛えることができることはとてもやりがいにもなります。

 

ムキムキな筋肉にはなりませんが、引き締まった筋肉になり以前に比べて持久力が持続されるようになり、これも登山のおかげかもしれません。

 

ギリギリまでの追い込みが必要だった筋肥大目的のトレーニング

 

私は今年の春から意識的に上半身を鍛え始めたのですが、体質的なものなのか、どう頑張っても中々な腕に筋肉が付かず、力を入れずに下ろした状態でいると筋肉の膨らみが全く感じられない相変わらず線の細い腕に、かなりガッカリしていた事は事実でした。
何が悪いのか?トレーニング方法や栄養の摂り方に間違いがあるのかと散々悩んだものですが、やがてその理由が自分でも理解出来る様になってきました。

 

つまりこれまで腕の筋肉増加に良かれと思ってやってきたこれまでのトレーニング内容が筋肥大をアシストするものでは無く、むしろ回数をこなす有酸素運動の要素が強くなっていたのです。

 

例えばダンベルトレーニング一つ取っても、これまでのメニューではノルマの回数だけ持ち上げれば十分と、限界ギリギリまでに負荷を掛けず楽に済ませてきてしまったのです。

 

確かに良い汗はかけるものの、それでは筋肥大には到底繋がらず、いつまでもか細い腕のままというのも納得出来るのです。

 

それからというもの、ダンベルトレーニングでも目標の回数を設定するのはあえて止め、数回でギブアップしても良いから限界に達せられる負荷が掛かる重さのダンベルに変更し、ギリギリまで追いこんでみる事にしたのです。

 

そして、半信半疑でしたが
腹筋を割るFIRAマッスルサプリメントの口コミ
を見て、サプリも活用し始めました。

 

現在、まだ道半ばといったところですが、以前悩んでいた頃に比べ明らかに腕の筋肉が盛り上がってきた様に感じます。あとは怪我をしない様ケアしながら頑張るだけです。